捻挫とは関節本来の可動範囲を超える動きが強要される為、関節周囲の関節包、靭帯および軟部組織が損傷した状態である。
ポイントは捻挫をすると少なからず骨の位置関係がズレるという事、このまま治療しても腫れや痛みは引くが治りが遅くなるんです。
そこで矯正をして骨の位置関係を戻すと腫れの減少が矯正前と後では、くらべ物になりません。
腫れが引いてしまえばあとは靭帯の再生と細胞組織を活性化させる為に電療とマッサージで重症度に差はありますが足関節の場合、約1週間で捻挫の治療は終了です。ただ靭帯の再生には10日ほどかかります。スポーツ選手などは試合に間に合す為に早期回復を望みます。
矯正しなかった場合は約2週の治療で終了。約二分の一の違いになります。あななならどちらを選びますか?

寝違い »

「寝違い」とは総称で正式名は「頸部捻挫」と言われます。
今回は女子中学生のお話。

かかとをつくと痛い・・・ »

かかとをつくと痛いのですが?何が原因なのでしょうか?
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

一度捻挫をしてから捻挫の癖がある・・・ »

足首の捻挫をして痛みが治らない・・・
一度捻挫をしてから捻挫の癖がある・・・
捻挫を繰り返し足首が外れそうな感じがある・・・という方には朗報です。

足の裏が痛い、踵が痛い、足をつくと激痛《足底筋膜炎》 »

足底筋膜炎が起こる原因は様々で、使いすぎ、偏平足、外反母趾、
何とさらには骨盤の歪みが原因となって起こる方もいます。

足関節捻挫(そくかんせつねんざ) »

急に走ったら・・・グキッ・・・走れない

このページのトップへ