走り出し、ジャンプした瞬間にふくらはぎや太ももがピキッとなり痛くてビッコを引かないと歩けなくなる事があります。筋肉の繊維が部分断裂して炎症がおき痛みが出ます。さけるチーズをさくとチーズが糸状にちぎれるイメージです。基本的には自然と痛みが引いていきますが歩くたびに痛みを感じ、かばって歩く事により腰や膝などに痛みが移動する事が多く痛みが引くのに2~3週かかってしまいます。さらに切れた筋繊維が固まりシコリのように残り再発の種になってしまいます。基本的には冷やしますがせいぜい2日、1回10分~15分程度にしてください。なぜなら、それ以上冷やすと内出血した血液が固まってコブ状になり、筋繊維を圧迫してさらに痛みが続くからです。 当院では、包帯圧迫、テーピング、電療とマッサージをほどこし血流を促して早期回復と再発予防をめざします。
ここでいうマッサージとは筋肉痛に対して行うものと異なり、「固まった筋繊維を伸ばす」もの。肉離れの患部を触るなんて意外かもしれませんが、正しい知識と技術をもってすれば痛みも内出血も驚くほど早く回復します。正直ちょっと痛いですが、症状の程度にもよりますが6回くらいの施術でだいたいのケースはほぼ完治しています。

肉離れ[筋断裂] »

早期回復を希望する患者様には特別な方法で処置をします。
それは、なんと患部と周辺の筋肉(とくに臀部から大腿)をマッサージします。

肉離れの早期回復 »

肉離れの早期回復の秘密♪...それは電圧治療器を併用。

このページのトップへ