「セロトニン」活性化していますか?
生まれた瞬間の赤ちゃんから老人の方までストレスを感じない人間はいません。生きて行くには何かのストレスを感じながら生活を送っているものです。特に責任感の強い方やしっかりものな人に多くストレスが掛る傾向にあります。
神経には、興奮した時や緊張した時に出る(交感神経)マッサージを受けている時などのリラックスしている時や好きな事をしている時に出る(副交感神経)があり、この両方の神経をバランスよく保つようにするのが「セロトニン神経」です。ドーパミン・ノルアドレナリンの暴走を抑えてくれ、精神の安定には重要な神経伝達物質なのです。
「なんか疲れが取れない」「寝つきが悪い」「不安感」「イライラ」「やる気が出ない」「集中できない」などを感じる方は《脳疲労》な状態と考えられます。 タッピング・セラピーでセロトニンの分泌量を調節すると脳の疲労を落ち着かせる事に効果が期待できます。
日本人の5人に1人は不眠症に悩んでいる、というデータもあります。

不眠・倦怠感 »

最近ぐっすり眠れているでしょうか?

このページのトップへ